お金と白髪と向き合う40代主婦の日記

松子ライフどっとこむ。

記事上




子供のこと 未分類

仲良し3人組で同じ高校を受験した結果は?合格発表は誰と見に行く?

投稿日:

こんにちは。松子です。

 

長女の受験から1週間が経ちました。

 

幼馴染みの仲良し3人組で挑んだ受験。3人に1人は落ちる倍率。

 

http://matsukolife.com/2018/02/20/3ningumi/

 

1週間後の今日は合格発表の日…!

 

とうとうこの日がやってきました。

 

 

合格発表は3人で行かず、それぞれで。

 

ずっと3人一緒で行動してきたから、合格発表の日も3人揃って行くとばかり思ってましたが、違いましたね。

 

私は長女に「3人で行っといでね、結果は帰ってから教えてね〜」なんて呑気に言ってたんですよね。

 

だけど前日になって、長女は2人から、「親と一緒に見に行く」と言われ、慌てて私に一緒に来てと懇願してきました。

 

それを聞いて、もちろん私は長女と一緒に合格発表を見に行く事にしましたが、自分の考えの浅さというか、空気の読めなささというか、、

 

そんな気持ちにちょっと恥ずかしくなってしまいましたね…。

 

 

友達親子の思い

 

仲良し3人で受けた受験。

 

合格発表を見に行って、みんな合格すればみんなで喜べ合えるけど、もし1人でも誰か落ちたら?

 

それは自分かもしれないし、友達かもしれない。それはわからないけれども、そうなった場合にお互いが気まずくなることだけは間違いありません。

 

自分が合格して友達が落ちても、友達が合格して自分が落ちても、どちらにせよ、素直に喜べない、どう声をかけて良いのかもわからない。

 

バラバラで合格発表を見に行くことは、そこら辺を考慮して、友達自身か、もしくは親かが決めたんでしょうね。

 

私は、考えなかったわけではないけど、ずっと一緒の3人なら、どんな結果になっても大丈夫なんじゃないかなと思っていたところがあります。

 

ただのクラスメイトじゃないし。

 

同じ高校を受験するとわかった時から、ある程度覚悟してるのではないかと思っていたんです。

 

だけどね。

 

やっぱり辛いですよね、落ちたら。子供も。その親も。

 

そりゃそうです。理屈抜きで辛いし、悲しいでしょう。

 

 

親からのLINEで思いに気付く。

 

前日に長女から合格発表はそれぞれで見に行く、と聞いた私は、すぐにはその真意に気付かず、2人の親にLINEをしました。

 

「合格発表はそれぞれで見に行くの?」と。

 

A子ちゃんママからは「うん、それぞれで見に行く方がいいかな。私は1人じゃ辛いからお姉ちゃんも連れていくわ。合格してれば良いけど〜〜」と返事が来ました。

 

お姉ちゃんとはA子ちゃんの2つ年上のお姉さんです。

 

最初私は、1人じゃ辛いからの意味がわかりませんでしたが、多分もしA子ちゃんが落ちていたら、という意味なのでしょうね。

 

B子ちゃんママからは「最近B子が受験発表を前に情緒不安定になっていて困ってる…。子供たちもお互い気を使うやろうし、別々に見に行くほうがいいよね」と返事。

 

文面から、受験発表を前に親子共々ナーバスになっているのが伝わってきます。

 

ここで私はやっと友達親子の真意に気付いたんです、、。

 

気付くの遅いですかね…。

 

昔からちょっと空気読めないところのある松子です。

 




明暗の別れた高校までの一本道

 

私たちは受験発表の時間ちょうどに着くように家を出たつもりでしたが、予定より遅くに高校の最寄りの駅に着きました。

 

受験発表からすでに20分は経っていました。

 

駅から高校まで、道は真っ直ぐに進むだけ。

 

その道を進んでいくと、向こうからたくさんの親子連れが歩いてきます。

 

セーラー服や、学ランを着た中学生とそのお母さん。

 

今から私たちが向かう高校の合格発表の帰りなのでしょう。

 

その表情は明暗、真っ二つに分かれていて…。

 

嬉しそうな笑顔を見せる親子、涙を浮かべる子供と悲しそうなお母さん、、、。表情から合否が読み取れてしまい、胸がぎゅーと掴まれる感じがしました。

 

二人して、急に緊張感が高まりました…。

 

 

仲良し3人組は合格できたのか?

 

高校に着くと、歓声か悲鳴かわからない黄色い声が聞こえてきました。まるでドラマのようだね、と長女をみると緊張した面持ち。

 

そして恐る恐る校庭の掲示板へ。

 

…。

 

…。

 

私が番号を探す横で長女の

 

「あー!あったー!」

 

の黄色い声…!

 

無事合格していました!

 

そして、友達2人の番号も連番なのですぐ見つけれました。

 

3人とも合格でした!

 

良かった〜〜…

 

 

とにかく、無事に志望校に合格できたことにホッと胸を撫で下ろしています。

 

そして3人みんなで合格できたことにも。

 

もし、誰かが欠けていたら。

 

友情は壊れるのでしょうか?

 

わかりませんが、それで壊れるならその程度の友情だったということ。

 

でも3人は多分壊れないと思いますがね。

 

 

 

高校の門の前で記念に長女の写真を撮りました。

 

2人と一緒に見に来ていたら、みんな一緒の写真を撮れたのになぁ…と少し残念な気持ちになりました。

 

誰かが落ちたら気まずいだろうけど、合格の喜びを3人で一緒に喜べないのは、やっぱり残念な気がしてならなかったです…。

 

あ、でも親子で喜び会えたから、良いか…!そうですね!(書いてて気付きました(笑)

 

 

 

4月の入学式。新しい制服に袖を通して高校生になった娘たちの姿を今から母は楽しみにしています…(*´꒳`*)

自動サイズ2個口




自動サイズ2個口




関連コンテンツ1



-子供のこと, 未分類

Copyright© 松子ライフどっとこむ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.