お金と白髪と向き合う40代主婦の日記

松子ライフどっとこむ。

記事上




マインド 子供のこと 子育て

「高校の制服は女子スラックスが履きたい」長女の発言から学んだ2つのこと。

投稿日:

こんにちは。松子です。

 

長女が春から通う公立高校の制服には女子スラックスがあります。

 

女子はスカート、スラックスの着用を季節関係なく選べます。

 

長女は寒いのが苦手なので、冬用スラックスが欲しいと言ってきました。

 

私は頭の中に「女子高生=スカート」の図式があったので、思わず「女子高生はスカートでしょう⁈」と返しました。

 

すると、「は?女子高生はスカートって決まりなんかないし?」

 

と反撃されました(笑)

 

「でもお母さんはズボン履いた女子高生なんて見たことないよ〜」

 

と負けずに言い返しましたが、

 

「それはお母さんが見たことないからでしょ!こないだ高校見学行った時もズボン履いた女子がいっぱいいたよ。しかも可愛かったしね!何で駄目なん?」

 

 

なんで駄目なん?の言葉にハッとした私…。

 

なんで駄目なん?って言われて、なんでだろう?って考えてみました。

 

そしたら。

 

別に駄目な理由なんてありませんでした(笑)

 

私が「女子高生はスカートをはく」ことが当たり前と思っていただけでした(笑)

 




選択する自由とトランスジェンダーの生徒のために

 

防寒の為にスラックス着用を決められている学校は多いですが、今はそれだけの理由ではないようです。

 

 

「女子高生はスカート」は当たり前ですか? 制服の選択制を決めた校長の想い

 

 

 

女子の制服にスラックスも「固定観念から解放」平塚の中学校

 

 

 

制服、性別関係なく選べます 千葉・柏の市立中学校

 

 

 

これらの記事を読んで思ったこと、学んだことが2つあります。

 

 

一つは、トランスジェンダーの生徒さんたちのこと。私は恥ずかしながら今日まで考えたことがありませんでした…。

 

自分の中の性と違う制服を着ることへの、悩みや違和感を抱えている子はたくさんいます。

 

本当の自分を偽りたくない…。周りを気にして本当の自分に嘘をついて生きていくのは辛いです。

 

私が白髪を染めたくないのと同じ、かな?(笑)みんな本来はありのままでいたい。

 

意に反した制服から、本来の性の制服を着れるのは、精神的苦痛から解放されるでしょうね。

 

そして周りもその多様性を尊重し、考えるきっかけになればいいなと思います。

 

 

 

2つ目は選択する自由と、私が持っていたような、必要のない固定観念からの解放です。

 

当たり前を疑うこと。選択の自由があるということを、学生のうちに知っておくことは大事だと思います。

 

若いうちに柔軟な視点を持ち、自分の頭で考えて行動していけるようになれば、社会人になった時にそれは大きな力になるはず。

 

制服の選択が出来ることは、そのきっかけになるのではと思いましたよ。

 

まとめ

 

長女の「スラックス履きたい発言」で、いろいろ考えさせられた松子でした。

 

最初は驚いた私も、今は抵抗なく、スラックスどうぞ〜〜という感じ。

 

よくよく考えたら、スカートより、スラックスの方が安いんですよね!

 

長女に「じゃあ、スラックスオンリーで。スカートは買わないよ」と言ったら、

 

「スカートはもちろん履くに決まってる!冬の寒い時用に、スラックスも買って欲しいの!」

 

だそうです(笑)

 

チッ!やっぱりそうか…(苦笑)

 

どちらにせよ、早く長女の新しい制服姿を見てみたいなと思った母でした!

 

では、今日もお越しいただきましてありがとうございました。

自動サイズ2個口




自動サイズ2個口




関連コンテンツ1



-マインド, 子供のこと, 子育て

Copyright© 松子ライフどっとこむ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.